日伯友好カップ

アントラーズ3日目、惜しい敗戦

[2010.08.29]

8月28日

CTでのもう1戦は、鹿島アントラーズ対グレミオ。

ブラジル南部の雄とも言える強豪を相手に、中盤を厚くして臨んだアントラーズが、果敢に攻撃。前半にゲットしたPKを、大竹選手が落ち着いて決めて、1対0と先制して折り返します。
後半15分に同点ゴールを奪われたものの、互角の戦いが続く好ゲーム。しかし、引き分けで終わるかと思われたロスタイムに、まさかの失点。惜しい星を落とし、1対2で悔しい敗戦となってしまいました。

Photo_24

Photo_25

Photo_26

《鹿島アントラーズの試合結果》
鹿島アントラーズ 1-2 グレミオ
GK 長尾直弥
DF 根本直樹 堀之内航平 川口大翔(城玲央奈) 奥津大和
MF 川上盛司 三塚春輝 大竹蓮 古明地竜也(池本陽彦) 菅谷将人
FW 高田雅貴

★今日の「収穫」

【根本直樹選手】

Photo_27

相手との1対1では、結構止められたかな。でも、まだまだ止められない場面もあったので、そこを直したいです。
ブラジル人はみんな体が大きくて、とても強かったので、当たっても負けてました。それに、ブラジル人は最後まで頑張る、あきらめない、ということを感じたので、その姿勢は、日本に帰ったら、自分で活かしていきたいです。

【選手三塚春輝】

Photo_28

自分は、外国人相手でも球際でも負けてなくて、強く行けたんで、これは自信になりました。
逆に、後半の残り10分くらいのところで運動量が落ちて、外国人に走り負けしたところは、頑張らないといけないと思いました。ブラジルは体も大きくて、身体能力も高いんで、ドリブルされたら追いつけないことがありました。
世界には、まだまだ上がたくさんいることがわかったので、これから日本でもたくさん努力して、世界でも通用する選手になりたいと思いました。

【森島修監督】

Photo_29

今日の試合については、「勝てそう」じゃなくて、本当に「勝てた」試合を勝てなかったというのが、残念でなりません。最終的にロスタイムに点数を取られて、負けてしまったわけですけど、非常に集中していただけに、悔しいところでした。
ただ、「ディフェンスにおいても前で」、そして、「攻撃については背後を取って積極的に」、という、チームでやろうとしていたことが、出来ていたゲームだったんで、すごく収穫として残っています。
選手個々については、積極的に前で奪う、相手のゴールに向かっていく、というところが出て、自信がついたゲームだったと思います。チームとしても、個人としても、出来たところと、出来なかったところ、という課題が明確になったので、帰ってからもう一度確認して、修正して行きたいと思います。
選手達は、やはり球際のところの勝負のところだったり、ボールを取られないとか、奪うとか、そういった執念の差を、一番学んだんじゃないかと思っています。
ただ、ブラジル人は本当に身体能力が高くて、体も大きいですけど、ウチの体の小さな選手達が、大きい選手に対して、素晴らしいプレーができましたね。体が大きい小さいに関係なく、戦えることを実感できました。一方で、3日間を通して、だんだん体が動くようになってきただけに、最後はまだまだ力が足りないことも、実感した大会でした。

Photo_30

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >