日伯友好カップ

Jリーグ選抜3日目、強豪の洗礼

[2010.08.29]

8月28日

Jリーグ選抜は、CFZ(ジーコサッカーセンター)で3試合目を迎えました。
こちらも、相手は強豪ヴァスコ。しかし、前がかりに攻めてくる相手に、Jリーグ選抜はしつこいマークで、自由にさせません。パスカットからチャンスを作り、惜しいシュートも何度か飛び出します。そして、2点のビハインドを背負ったところで、鴨池選手がゴール!前半、1対2で折り返しました。
後半も、序盤に波状攻撃で相手を脅かす場面がありましたが、徐々に押され始め、結局、悔しい1対5の差をつけられてしまいました。

Photo_8

Photo_9

Photo_10

試合後は、CFZのデラシーコーチから、大会参加の記念の盾を贈られました。

Photo_11

《Jリーグ選抜の試合結果》
Jリーグ選抜 1-5 ヴァスコ
GK 佐々木藍
DF 上野海 山添健太(柳沢拓弥)畠中慎之輔 森亮太(檜原悠佑)
MF 森勇人 早坂翔 鴨池陽希 安西幸輝(新堀真也)
FW 秋田翼(小川直毅)(小澤佑太) 北川柊斗

Jリーグ選抜の得点者:鴨池陽希

★今日の「収穫」

【畠中慎之輔選手】

Photo_12

このチームが出来てから、日が経ってないんですけど、チームワークがまだまだで、個人的なプレーも出せず、フィジカル負けしちゃって、悔いが残る試合でした。ブラジル人はテクニックがあって、スピードがあって、フィジカルが強い。フィジカル勝負になったら、気持ちでも負けてしまいました。
味方で声かけあって、全体でボールを取りに行くというのを見たので、そこはすぐにも見習ってやっていきたいと思いました。

【鴨池陽希選手】

Photo_13

ゴールシーンは、サイドバックの選手が良いボールを出してくれたので、当てるだけでした。
ブラジルの選手はすごく体格が大人みたいで、結構スピードがあって、テクニックがあるけど、守備ではそこを、じっくりと突いていくことはできたと思います。でも、自分がボールを持った時に、周りが見えてなかったので、そこはやっていかないといけないところです。

【望月一仁監督】

Photo_14

今日は1対1の粘り強さっていうのが、出来たところと、出来なかったところがあるのかなと思います。後半は特に、その粘り強さっていうのが、見られなかったかなと思います。
ブラジルの一流の選手達は、攻撃でも守備でも、迷いがない。この厳しさは勉強させて頂きました。日本に帰ってから、トレーニングから、そういう厳しさを持って、選手達と一緒にやっていきたいですね。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >