日伯友好カップ

アントラーズ2日目、無念の大敗

[2010.08.28]

8月27日

CTでのもう1戦は、鹿島アントラーズ対アルチスウ。アルチスウは予選リーグで1位突破した、近年成長著しいチームです。

その相手に、前半キックオフ直後に1点を奪われ、苦しい立ち上がり。アントラーズも惜しいシーンの連続でしたが、決め切れずに1点を追加され、前半を0対2で折り返します。
後半も、アグレッシブにプレーを展開しましたが、その逆を突かれて、最終的に0対6。悔しい結果となりました。

Photo_7

Photo_8

Photo_9

《鹿島アントラーズの試合結果》
鹿島アントラーズ 0-6 アルチスウ
GK 小泉勇人
DF 大竹蓮 堀之内航平 川口大翔(安田昌弘) 池本陽彦(古明地竜也)
MF 川上盛司 三塚春輝 菅谷将人(根本直樹) 奥津大和
FW 城玲央奈(加瀬夢三史) 高田雅貴

★今日の「収穫」

【堀之内航平選手】

Photo_10

ボールを取りに行った時、ブラジル人は体が強い上に、張り方が上手いんで、日本人に比べて取りづらくて、2人で挟んだりしないと取れないことに気づきました。
日本に比べて、競り合いとかで僕自身、結構負けてるんで、次の試合では、絶対そういうとこを負けないようにしたいです。ブラジルで通用すれば、日本でも通用すると思うんで、頑張っていきたいです。

【菅谷将人選手】

Photo_11

自分のスピードを活かして、相手の後ろを取るということを、すごくコーチからも言われてるんで、それを中心に考えてプレーしました。みんなも背後にどんどん出してくれるのもあって、そこらへんは、ちょっと出来たかなという気がしました。
でも、自分なりにはあんまり良いプレーができなくて、ブラジルは体が強くて、自分は体がちっちゃくて、相手に舐められてるという感じがしましたね。全然ボールを持たせてくれなくて。それに、ブラジル人はすごくメンタルが強くて、驚きました。
やっぱり、ブラジル人のテクニックもそうですけど、メンタル面、もっとゴールを入れる熱心さ、そういうところを学んでいきたいと思います。

【森島修監督】

Photo_12

立ち上がりに失点してしまったのが、すべてかなと。その後、チャンスは幾つかあったんですけど、決め切れずに、逆に取られてしまいました。
後半スタートで1点返せばなんとかなる、ということをハーフタイムに言ったんですけど、逆に3点目を取られて、ズルズル行ってしまったと。細かなところでミスが出て、こういう結果になって、非常に残念だなと思っています。
ただ、2日間通して、選手個々の中では戦う意識が出てきて、攻撃においては1対1などで突破出来るシーンもあったんで、これを明日に繋げて、結果を出したいと思います。選手達に言っているのは、自分達のゴールを守る、そして、相手のゴールを奪う、ということで、全員で一生懸命、最後まであきらめずに戦わせたいなと思っています。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >