日伯友好カップ

ノルテ3日目、強豪に善戦

[2010.08.29]

8月28日

CFZのもう1つの施設CT(トレーニングセンター)では、9時半から鹿島ノルテの第3戦が行なわれました。
ちなみに、審判が持っているボールは、今大会の公式ボール。CFZのロゴマーク入りです。

Photo_15

ノルテの相手は強豪フラメンゴ。
試合は、ノルテが良い形で相手ゴールに攻め込む場面が何度も見られ、対等に戦いを進めます。しかし、どうしても最後に決め切れず、残念な0対3での敗戦となってしまいました。

Photo_17

Photo_18

Photo_19

試合の後は、大会運営のアランさんから、参加記念の盾が贈られました。

Photo_20

《鹿島ノルテの試合結果》
鹿島ノルテ 0-3 フラメンゴ
GK 塚本一聖
DF 上田大空 小松崎洋平 久保倉修斗 富岡秀平
MF 村山想 小林慶太 糸川颯 白岩諒大
FW 辛島昌幸 鈴木雄士(金子侑斗)

★今日の「収穫」

【村山想選手】

Photo_21

自分の間合いでドリブルすれば、結構、敵も抜けるっていう自信はつきました。
ブラジル人はフィジカルが強くて、テクニックがすごいあるけど、そこまでは、日本人でも出来る人はいます。でも、決める時には絶対決める、という勝負強さが、日本人とは違うと思いました。
ブラジル人との差を埋めるためには、相手に怖い選手だと思ってもらうために、もっとシュートを打って、点を奪うことです。だから、自分の通用するドリブルとかは、日本に帰ってもっと磨いて、反省点のシュートは、もっと入るように練習していきたいです。

【小松崎洋平選手】

Photo_22

ブラジル人相手でも、競り合いや1対1では全然負けてなくて、出来るなと思いました。
ブラジル人の印象は、髪型がかっこいい(笑)。サッカーでは、足が大きくて長いから、リーチが長いんで、取りづらいというか、寄せづらいですね。あと、足が速いんで、裏にボールを蹴られたりすると、追いつけない時があるので、それを修正していきたいです。
日本に帰っても、ブラジル人のように、熱く、強く、サッカーをしたいです。

【賀谷英司監督】

Photo_23

今日は0対3で負けました。ただ、1試合ごとに選手達は良くなってきましたし、得点はできなかったけど、しっかりサッカーをして、決められるようなところまで行ってましたんで、選手達は良く頑張っていたと思います。
選手達が学んだのは、1つ1つのプレーの精度を上げていかないと、やっぱりこういうブラジルのようなところでは、内容もそうですけど、勝てない、ということ。また、守備もそうですけど、やっぱりゴール前にどんどん入っていかないと、得点もできないし、勝てないと。そういうところを選手達も感じたと思うので、帰ってから、一緒にそういうところをやっていきたいと思います。
再確認したのは、当たり前のようですが、やっぱりサッカーというのはゴールを奪うこと、そして、守ること。そういうことを、日本ではできていても、世界に来た時に、なかなかこじ開けられない。
これから子供達と一緒に、ゴールへ向かう姿勢だとか、シュートの精度、クロスの精度、そういうものを求めていきたいと思います。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >