日伯友好カップ

つくば2日目、勝利ならず

[2010.08.28]

8月27日

 

つくばの2試合目はCFZでのノーヴァ・イグアスーとの対戦。

この日も初戦と同じく、ブラジルのチームを相手にしても、まったく恐れることなく、ハードな守備で圧倒するつくば。しかし、前へ向かうものの攻撃が繋がらず、逆に3点を奪われ、0対3の悔しい敗戦となりました。

Photo_19

Photo_20

Photo_21

 

《つくばの試合結果》
つくば 0-3 ノーヴァ・イグアスー
GK 岡村優人
DF 石野翔太(窪田優士) 森聖也 宮内雄希 白石直毅
MF 篠原良介(柴田英志 山口遼 岡田健太郎 上田竜也(酒寄祐樹) 
FW 小吹嘉範 浅野裕永(松川周平)

 

今日の「収穫」

 

山口遼選手

Photo_22

 

自分のドリブルっていう武器に関しては、何回か突破することができたので、嬉しかったです。全然ブラジルでも通用すると、自信を持つことができました。逆に、チームとして全体的にフィジカルが足りなくて、ボールを失うところが多かったので、そこは日本に帰ってからの大会につなげるために、伸ばさなければいけないと思います。

ブラジル人は、意外と思ってたよりうまい選手がいなくて、逆に、気持ちの面でカバーしている、やる気とフィジカルみたいな感じの選手が多いです。ただその分、こちらの気持ちが弱いと圧倒されます。

この遠征では、相手のフィジカルが強いので、背負った時など、全体的に体の使い方を学んで、あとは球際で負けないとか、精神的なところを学んで帰りたいと思います。

 

宮内雄希選手

Photo_23

 

今日の試合では、ブラジル人も高さがあるんですけど、自分も高さとストロングを活かして、競り合いとかでは負けてなかったので、自信持っていいなと、自分で思いました。

ブラジルの人は、少しのトラップミスでも見逃さすに、すぐ当たってくるんで、そういうところは直すには、判断を早くしないといけないと思いました。まだ明日の試合があるんで、そこを注意したいと思います。

気持ちの面では、日本に帰っても一人一人が変わっていけば、ブラジルの人みたいに強くなれると思います。2試合負けちゃったんですけど、1勝して帰りたいんで、チーム一丸となって、勝ちにこだわって最後の試合を頑張りたいと思います。

 

【木村匡志監督】

Photo_24

 

攻撃面で、やっぱりちょっともの足りなさがあったかなと。個人で打開できる選手がいないんで、人数かけて攻撃していかなきゃいけないんですが、前線でボールをキープして、周りの味方が上がってくる時間とか、そういう溜めを作れない、起点を作れない、という時間が、昨日と今日も続いたかな、という気がします。それで、シュートまで行く形が作らせてもらえませんでした。

ただ、守備の面では、3点とられたものの、本当に1人1人が体を張って頑張るということで、十分、昨日も今日も、最後まで良くやったという実感があります。

ブラジルから帰る前に、是非1勝したいなというのは本当にありますんで、この2試合で出た課題を選手一人一人が把握して、明日のゲームに繋げたいと思います。後は、本当に気持ちの面で最後までに折れずに、みんなで勝利に向かって、あきらめずに、粘り強く戦っていきます。

 

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique

 

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >