バックナンバー

サンパウロのサッカーミュージアムでジーコのイベントが行われた

[2010.04.28]

昨年の6月に、リオのCine Odeon映画館にて「Zico na Rede」DVDの素晴らしいイベントに大多数のサポーターが参加し行われた。参加者はそこで、真っ先にドキュメンタリーを見た。しかし、その3ヵ月後に完成したDVDを発売しなければならなかった。48得点の歴史による60分間の他に、スタイルによって分けられ、ジーコ自身が選んだ130得点や未発表のゴールシーンも含むものだった。製作が伸び販売が延期されていた。現在、ジーコはブラジルでより多くの時間をもっている。そしてサンパウロ市でDVD販売のイベントが行われた。その場所はパカエンブー・スタジアムにある、世界でのどのプロジェクトにも負けないくらいのサッカーミュージアム。 サッカーミュージアムでのイベントには、サンパウロFCアシスタントコーチのミルトン・クルス、フィジカルコーチのモラシー・サンタナ、サッカースターのパウロ・セザール・カジュー、CulturaテレビのVitrineという番組の司会者ロドリゴ・ロドリゲス等ジーコの友人達が数多く出席した。ミュージアムの推計によると約500人を集めたイベントには、都市や州政府関係者も参加した。 「この素晴らしいサッカーミュージアムでDVDのイベントができて私は非常に嬉しいです。DVDの内容は得点にまつわる話で、皆さんに気に入られるように願っています」とジーコが述べた。彼は、パウロ・ホッシー(ドキュメンタリーのディレクター)と共に、最初に博物館に入場した200人のサポーターとトークショーを行った。 サポーターからの様々な質問とに答えた40分であった。その後、ジーコは博物館にあるバーで記者会見を行い、フェリペ・アンドレオッリからのCQC(テレビ番組)のジョークにも耐えなければならなかった。そして一人一人に応じて、シャツ、写真やパカエンブーの店では売切となったDVDにサインをした。 「ここサンパウロのフラメンゴサポーターの力にも驚くべきものがあると思いました。地元チームのポルトゲーザより上で、サンパウロ州内の5番目のサポーター数であることを知りませんでした。更に、サンパウロ市内においては、サントスのサポーターより数多いです。驚くほどに、ここにいるサンパウロ市住民の多くはフラメンゴファンです」とパウロ・ホッシオがコメントした。 「Zico na Rede」DVDのディレクターは、“フラ・サンパ”サポーターの強力な存在感にも言及した。サンパウロでのRaça Rubro-Negra(フラメンゴの組織化されたサポーター集団)のメンバーの数多くはDVDのイベントに参加した。ジーコの絵を足に入墨している1人のサポーターは感動を堪え切れなかった。震えて、泣いていた。確かにジーコが忘れられなくなるサンパウロからの愛情だった。 「私は、サッカーミュージアムでのDVDのイベントを主催し、我々を手伝ってくれた全員に感謝したいです」と、14日の朝にリオに戻ったガリーニョが述べた。……

in [ニュース]

全文を読む

「Programa do Jô」にジーコが出演

[2010.04.24]

今週、「Zico na Rede」DVDを刊行するためにサンパウロを訪れた時、ジーコはGloboテレビのPrograma do Jô(“ジョーの番組”、ブラジルで有名なトークショー番組)へ行きました。撮影は12日の午後に行われ、13日深夜に放送されました。 約40分間の番組の中で、ジーコはフラメンゴ、ワールド・カップの展望やサントスのNeymar選手のようなブラジルに若い選手の才能について話しました。……

in [ニュース]

全文を読む

CFZとフラメンゴが正式にパートナーシップを締結

[2010.04.23]

ガーヴェア区で22日の朝に、CFZとフラメンゴ間のパートナーシップが正式に締結された。Rogério Steinberg講堂で行われた儀式には、ジーコとフラメンゴ会長のパトリーシャ・アモリンが出席し、少なくとも、会長任務期間完了まではクラブ間での契約を締結し、延長もできる。このセレモニーには、ジーコの息子でCFZ社長であるブルーノ・コインブラ、フラメンゴのサッカー副会長マルコス・ブラスと合法の副会長ハファエル・デ・ピロも出席した。 今回の契約によって、CFZは「フラメンゴB」チームのような形になり、そこでフラメンゴでは試合出場の機会の少なかったジュニオールやプロの選手たちをCFZで州選手権2部を争うためにレンタル移籍される。フラメンゴは毎月、CFZの試合費用に手伝うために、今後交渉した金額を与える。その他に、フラメンゴはCFZの施設を利用でき、そしてCFZは下部組織よりフラメンゴが興味ある選手を譲渡することもできる。 ジーコは、自身が発掘されて最大アイドルとなったクラブにCFZとの契約が締結されるというアイデアについて興奮していることを表した。 「CFZは、選手発掘のために支援する“橋”になれる。我々が持つ施設で、その可能性は増大する。このパートナーシップは、試合視察において私は確実の参加する機会を持ち、そしてフラメンゴはただCFZとの協働する事だけではなく、いつもクラブを見守っている人にも伝えていくことができる。成功した全ての交渉を行って、この結果に導いた、私の息子ブルーノとマルコス・ブラスにおめでとうと伝えたい。パトリーシアがいつも言うとおり:フラメンゴは我々全員より大きい」と述べた。 一方、フラメンゴ会長のパトリーシア・アモリンはクラブにアイドルを再び連れてくることにおいて誇りを持つと言った。 「今日、我々が大きいな投資だと考える、この契約を発表するために来れて、私は非常に本望です。我々が名選手を2人、3人か4人くらい発掘できれば、価値があったこととなります。また、ジーコをこの彼の家・フラメンゴへ再び連れてくることは偉大な誇りです。この復帰は我々が適切な道を進んでいることを証明します。以前から忘れられている、良い育成は現在の管理のプライオリティーです。我々には、偉大なプレーヤー、偉大なリーダーとより良い人々を作る必要があります。そして、ジーコは勝利を得た世代を指導した相応しい人物です」と、エースの前では緊張したことを認めた会長が述べた。 「私は通常、緊張しません。私は偉大なパーソナリティや政治家のそばにいるのに慣れています。しかし、ジーコと会うと息ができないくらいです。」と役員が語った。 ブルーノ・コインブラ社長はクラブ間の協働の成功を信じている。 「私はフラメンゴ・ファンでクラブの中で育ったので、フラメンゴとの契約を実現するのはこれ以上良い事はないです。時間は、フラメンゴがブラジルのサッカーのために多くのプレーヤーを発掘するCFZとのその協働を締結したことは正解と見せてくれます」と保証した。 今週の月曜日だけに契約が締結された事にもかかわらず、CFZジュニオールにいる4人のプレーヤーは、2月の末よりすでにレンタルされている:GKマルセロ・ヴァゥヴェルデ、VOターレスとウェリントン・ペカとジョマル。CFZは、4年間フラメンゴに左OF.MFを譲渡した。同選手は、今年のタッサ・サンパウロにて、ブラジリアのCFZで注目を集め、2得点を決めて、対戦相手のフラメンゴが大会から敗退する原因になった。……

in [ニュース]

全文を読む

家族との時間

[2010.04.15]

私が監督として働く事を決定した時から7年間忙しい日々を送ってきた。現在はこれまで持っていなかった時間をより良く利用している。やっと最近、もっとゆっくり考える時間が増え、孫フェリッペと遊んで、更にガブリエルの誕生まで付き添うことができた。もちろん、CFZで働いていて、試合でプロチームを視察しているが。 リオ・デ・ジャネイロは2002年以来、休暇の場所となった。自宅での休み時間はいつも限られていた。もう一つの仕事での生活の家は、常に非常に遠くにあった。最初は日本、次にトルコ、ウズベキスタン、ロシア、そして最近ではギリシャ。私はそれらの国で合法的居住者である外国人になった。今、私は再び私の素敵な街に住んでいる。 私が旅行者としてあちこちで気づいていたものが現在、ここで感じている。市内の交通は益々悪化している。私はバッハ・ダ・チジュカで渋滞に直面せずに、もはや好きな時間に家から出ることができない。そして、孫たちに会うために地区で角から角までの道程を果すのは車の行列についていくしかない。 自分が選手として過ごした時期には子供たちといる事があまりできなかった。それでも出来る時は、彼らを学校へ連れて行ったり、実に父親の役をするのが好きだった。数年後、私は祖父としてその気持ちを味わっている。孫のフェリッペを水泳に連れて行くのは非常に楽しい。それは私の人生のこの新たな段階のエネルギーを増やしてくれる。 私はまだCFZとの沢山の義務があり、そしてブラジルにいると、リオのセリエBのために構成された若いチームを近くで見ることができる。練習に行って、ブルーノと一緒に視察する。更に、いくつかの会議や約束等がある。しかし、間違いなく、妻サンドラの側にいて、家族や友達と特別な瞬間を過ごす時間がもっと増えた。 例えば、先週には、アングラ・ドス・レイス市のポルト・ベーロ・リゾートでビーチバレーをした。友達でもあるタンデ(元バレー選手)によって主催された大会で私はサンドラ・ピレス(ビーチバレー選手)と一緒にプレ-した。そして“パイナップルの手”の2人組みは優勝し、更に私は冗談と思うが大会の優秀選手として選ばれた。多くの人が知らないが、私はいつもビーチで友達とバレーボールをやるのが好きなんだ。 これからは、私にはいくらかの講義をして、イベントに参加するための時間もある。常に招待されていたが、時間がなくて引き受ける事ができなかった。私は、ほぼ40年間のサッカーでの幾つかの経験について人々へ話して、それらの行動にもう少し時間をかけたいと思っている。 四月には、昨年の終わりからの多くの依頼にも応じて、2009年の中ごろに映画が上映されて、10月から発売された「Zico na Rede」のDVDをサインするために公開イベントを開く。既にリオとサンパウロでのイベントが予定されている。 今後の予定どうなるのか?その答えはまだわからない。私が知っているのは、ただ、愛する人たちのもっと近くで過ごすことができて、熟考する時間がって、非常に良いということ。私は、ワールド・カップまでに、このまま続けるという考えを維持している。その後に何が起こるか見よう。 では、また来週!……

in [ジーコの主張]

全文を読む

ジーコがディズニーでサッカー・クリニックを指導する初のサッカー選手となる

[2010.04.10]

今年の7月8日から18日までフロリダ州オーランドの楽園と言ってももよいディズニーパークにて、11のフィールドを持つ素晴らしい施設を利用し、世界中から約150チームを集める大会を行い、更にジーコによってサッカークリニックも行われる。 ジーコは、8・9・10日にディズニーでのプロジェクトの“最初のキック”をする。そしてジーコはパーク内(ESPN Wide World of Sports総合施設)でサッカー・クリニックを行う最初のサッカー選手となる。9~18才の選手によって構成された世界中からのチームによって行われる伝統的なディズニー・カップを競うために、より良い方法でチームたちを準備することである。 Zico Soccer Clinic(ジーコサッカークリニック)は、パークでの大会を前に、現在ジーコの長男ジューニオル・コインブラによって調整されている。 「素晴らしいイベントになる事が予想されます。そして、夢である構造を使用して我々が仕事をできるようにディズニーがドアを開いてくれるので、今回は非常に特別な瞬間にもなります。ブラジルのプロ、元選手とトレーナーによって行われています。アメリカ合衆国での我々の第3番目のクリニックです。需要はもう多くなってきていますいる」と、アメリカ在住のパートナFábio Malavazziの支援でクリニックを調整しているジューニオルが話した。 ベネズエラ、カナダ、コスタ・リカの他に、北アメリカ人やブラジル人のチームがジーコ・サッカー・クリニックに既に登録しているチームがいる。そして、イベントに登録するには、ブラジルでの代理店Maktourを、電子メールdisneycup@maktour.com.brまたはここをクリックしてお問い合わせできる。 「確かに、それはディズニーでのトーナメントに出場する若者にとって偉大な交流の機会になる。私は参加することができて嬉しいです。子供たちに対してサッカーとディズニーワールドを結びつける事は、非常に刺激的です」とジーコが述べた。 以下、ディズニー・カップとジーコサッカークリニックに関するビデオをご覧下さい。 ……

in [ニュース]

全文を読む

Esporte Interativoとの親睦試合でジーコが3得点

[2010.04.09]

3月8日に、CFZのピッチにジーコがEsporte Interativoとの親睦試合で友達や親類を集めた。試合はジーコチームの12-1の大勝で終わり、ガリーニョはスーパーゴールを含めハットトリックを決めた。(下記のビデオでジーコのスーパーゴールをご覧ください) 息子たちのブルーノとチアゴ・コインブラもゴールネットを揺らした。ブルーノが4、チアゴが2、一方、ベルナルド・ハマリオがオウンゴール、そしてカコとアラン・エスピノーザが得点した。 ガリーニョは、この親睦試合のアイデア ように、私はフラメンゴファンなので、我々の永遠のアイドルとゲームに出場することは言い表せない喜びです」と、試合においてジーコの3つの得点を受けて、非常に嬉しかったファービオが述べた。 ジーコチーム:マルセロ、カコ・エスピノーザ、アントニオ・カルロス、デラシーとホドリギーニョ。フェルナンド・バヌッチ、ビンとチアゴ・コインブラ。ジーコ、ブルーノ・コインブラとアラン・エスピノーザ。ベルナルドとチアォンが交代で入った。 Esporte Interativoチーム:ホロリーゴ・ラザーニャ、レオナルド・バラン、エンヒケ・マルケス、ビートル・セールジオとマウリーシオ・ポルテラ。ファービオ・モンチエル、フェリッペ・ホリン、ホドリーゴ・ビアナとハファエル・エリア。カルロス・モレイラとファービオ・メデイロス。 エジガル・ジニス、ファービオ・アウグスト、ルアン・キナヤ、セールジオ・ロペス、レオナルド・セーザル、ベルナルド・ハマリオとヴァギネル・ベベが入った。監督アンドレー・ヘニング。 ……

in [ニュース]

全文を読む

フェリッペとレオ・モウラ

[2010.04.08]

3月25日に、ジーコの初孫フェリッペは2歳の誕生日を迎えました。両親のブルーノとダヌービアは小さなフラメンゴファンにイベントを用意しました。以下の写真の見比べてみれば・・・・彼はレオ・モウラ(フラメンゴの右SB)の後を追うかもしれません。 かつて幼いレオはジーコと共にピッチに入りました。そしてフェリッペは昨年、フラメンゴの選手となったレオに抱っこされてマラカナンのピッチに入りました。……

in [ニュース]

全文を読む

ジーコがマラカナンでテニス名選手を迎える

[2010.04.07]

テニス界の名選手が3月12日からマラカナンジーニョにてRio Championsの大会に参加した。しかし、彼らはテニスをする前に、マラカナンを訪れた。そしてジーコ(スタジアムの歴史において333得点で最多得点王)によって迎えられた。ジーコは7人のテニス選手(ブラジル人のFernando Meligeni、アメリカ人のJim Courier、スウェーデン人のMikael Perforns、ロシア人のMarat Safin、オーストリア人 のMark Philippoussis、スウェーデン人のMats Wilanderとフランス人のCedric Pioline)にブラジル代表のシャツをプレゼントした。Ricardo Accioly とThomaz Koch も出席した。 「私はテニスが好きで、彼らのほぼ全員のキャリアをチェックしてきた。CourierとWilanderはもっと前から、そして最近、我々のMeligeniにPhilippoussisとPioline。常に私のステージだったマラカナンで彼らを迎えることは光栄なことである。私は、彼らがこの隣の競技場参加する大会で良いプレーができるように期待している」とジーコがコメントした。 Tribuna de Honra(VIP席)の右側で即興PK戦を行う前に、ジーコは、スパルタクモスクワのファンだと告白したMarat Safinと少し話した。そしてCSKAの時の話をした。すべてのテニスプレーヤーがシャツにジーコのサインを求めた。 PK戦 PK戦に参加した7選手のうち、Courier、PerfornsとPiolineだけがゴールを決めた。Meligeniはゴールポストを当て、Wilanderはゴールの真中に蹴り(ジーコは右足でセーブ)、そしてPhilippoussisは外側にボールを飛ばした。Safinは、左足でクロスバーの上にボールを投げた。 「彼らが本当に得意のは小さいボールだ。ここは彼らの専門ではない」とジョークしながらジーコが述べた。 ……

in [ニュース]

全文を読む

家族とのカーニバル

[2010.04.02]

久しぶりに私はリオデジャネイロで家族とカーニバル全体を過ごすことができました。6~7年の間にこのイベントは非常に変わったので異なった経験となりました。さらに、息子たちが選んだサンバチームのパレードにも出場しました。カーニバルの変化と家族との時間が今週のテーマです。 約20年前から、私はカーニバルに参加していて、観戦もしているので、サンバドローム(サンバ会場)で見たことについて話すことができます。今のパレードはまるでハリウッドのプロダクションのようで、サンバ・チームは建物の側面と専門構造をもつ実際の企業になりました。しかし、美しさにもかかわらず、私はカーニバルが少し人間性を失ったように感じます。流行の言葉で言うと:インタラクション。私は、サンバドロームでの3日間で、現在、市民はサンバ・チームに非常によそよそしい感じを持っていると気がつきました。 テクノロジーとプロ意識がサンバ・チームを“フォーマット”しました。現在、高くてはっきりとした音楽は、サンバ・チームがテンポを超えることを避けるが、一方、それによって観客はただの観客になります。サンバが大通りで歌われているのを見るのは素晴らしかったです!今回サポーターが盛り上がって立っているのを何回しか見ていません。Grupo de acesso(2部リーグ)で、音楽が挫折した時、サポーターたちが声だけでサンバ・チームのメンバーたちとCaprichosos de Pilaresのテーマ曲(1995年の“tem bumbum de fora pra chuchu”の再編集)を歌うのを見るのは興味深い事でした。 私が言ったように、サンバ・チームは企業になり、そしてCidade do Samba(サンバの町)は創作や大通りまで車の移動を容易にした素晴らしい場所です。我々は、その部分において問題はありませんでした。サンバの町は、人々がサンバ・チームを知るために素晴らしい場所です。そして、市民に公開されています。私は、そのイベントの広報が足りないとも思います。 しかし、大通りで、まだ別の2点にプロ意識を広げる必要があることを確認しました。会場内の混乱。そしてサンバドロームの周りについてです。 カーニバル創設の時から長期にわたる問題で毎年悪化しています。 マスコミの重要性は理解できるけど、あまりにも撮影している人が多すぎます。それはパレードを混乱し、気をそらせて、大通りにいる必要がない人がたくさん集まってしまいます。 もう1つは、会場の周りにあります。大きいなVIP席の所有者が駐車場を独占し、他に車を止める場所を持つ人は好きな値段を付けて運営しています。そして、イベントに行く人々はそういうことに受け入れるしかない状況です。 これらの障壁を越えると、カーニバルは本当に美しいです。世界的な祭りです。そして、大通りで踊ることはユニークな体験です。今年は、私が“息子たちのカーニバル”としてサンバドローム3回を通りました。チアゴとはIlha、ジュニオルとは私のBeija-Flor、最後にブルーノが心を寄せているサンバ・チーム、Mangueiraに出場しました。また、サンドラのPortelaをチェックする時間もありました。そして、私はパウロ・バホスの創造的なUnidos da Tijucaの写真を撮りました。Tijucaの他に、3位になった私のBeija-Florの出番は観客が盛り上がった数少ない時でした。 長い間後に、彼らと一緒にカーニバルを過ごすのは非常に楽しかったです。一方で、現在少し遠ざかっているかつてのカーニバルへの恋しさが募りました。でも、おそらくまた戻ってきますよね? また来週!……

in [ジーコの主張]

全文を読む

< 2010年3月 | | 2010年5月 >