日伯友好カップ

スタッフ達の熱い夜、ペラーダで死闘!

[2009.08.30]

日伯友好カップ公式戦の節目となった、予選リーグ第3節が終了した8月28日の夜、CFZ(ジーコサッカーセンター)では、もう1つの熱い戦いが、幕を開けました。
それは、スタッフが日本チームとブラジルチームに分かれて戦う「ペラーダ(ポルトガル語で草サッカーの意味)」。

Photo_19

毎年の恒例行事で、実は日本からやってきた指導陣も、公式戦とはまた違った意味で楽しみにし、闘志を燃やす、国同士の意地をかけた戦いなのです。 そして、さすがは日伯友好カップの舞台裏。出場する顔ぶれを見るだけでも、ワクワクさせてくれます。

Photo_20 Photo_21 Photo_22

日本チームでは、鹿島アントラーズ、横浜マリノス、京都サンガ、ベガルタ仙台で活躍した元Jリーガー、現在鹿島ノルテU-15でアシスタントコーチを務める賀谷英司さん。

Photo_23

毎年日本チームに助っ人で参加してくれるのは、鹿島アントラーズ、清水エスパルス、ヴィッセル神戸、ザスパ草津でのプレーを通し、日本サッカーに大いに貢献してくれた、元Jリーガーのサントス。

Photo_25

ブラジルチームも負けてはいません。元フラメンゴのスター、現在はCFZコーチで、この友好カップでは、毎年市川トレセンの指導に当たってくれる、デラシー。

Photo_26

ジーコの次男、現在CFZ会長を務めるブルーノ。

Photo_27

ジーコの三男、現役サッカー選手でもあるチアーゴ。

Photo_28

かつてヴェルディで指揮を執ったエスピノーザ監督の息子、現在はスポーツマネージメント会社を経営するアラン。

Photo_29

柏レイソルでプレーし、現在はブラジルで監督に転身したアイウトン。

Photo_30

そんなメンバーを含め、日本からのスタッフも総出の戦いは、今だに、ごくフツーに日本語で会話できるサントスが、ビシバシと指示を飛ばしながらも、自らのゴールで先制点! とまぁ、日頃は選手達に厳しくも温かく指導するスタッフ全員が、知らず知らずのうちに素(ス)に戻り、我(ガ)をむき出しにするペラーダ。こうして熱き一夜が更けていくのでした…。

(試合は日本チームが先制しましたが、疑惑のPKもあり3-2でブラジルチームの勝利に終わりました)

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >