日伯友好カップ

日本の3チーム、敗戦の中にも収穫(鹿島アントラーズ)

[2009.08.28]

午前11時からは、鹿島アントラーズが強豪ヴァスコ・ダ・ガマと対戦しました。ヴァスコはリオの4大クラブの1つ。ところが、この日のアントラーズ、立ち上がりから相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪うと素早く、かつ丁寧にパスをつないで攻撃を展開。相手以上にチャンスを作り、圧倒します。しかし、なかなかゴールを決め切れません。

Photo_10 Photo_11 Photo_12

後半、徐々にミスが増え始めると、相手はさすがに、この大会でも常に上位に進む強敵。どうしても攻め込まれる時間帯が増えてきました。
結局、見ごたえのある試合内容ながらも、スコアは0対4で、敗れてしまいました。

《鹿島アントラーズの試合結果》
鹿島アントラーズ 0-4 ヴァスコ・ダ・ガマ
GK 青木
DF 澤野 桑本 黒沢 徳野
MF 橋本 柳 熊田 赤井
FW 野間 栗崎(小泉)

★今日の「収穫」
【黒沢健選手】

Photo_13

自分としては、相手のボールを奪った時に、近くしか見えてなかったことで、失ったボールが多かったです。チーム全体での守備は、ゴール前ではちゃんと体張って守れてたんですけど、ちょっと寄せが甘かったりすることで、失点してしまいました。
ブラジル人は1つ1つのプレーに対して、真剣。そのメンタル的な部分、気持ちの強さを、しっかり学んでいきたいと思います。

【桑本麟太郎選手】

Photo_14

自分のプレーでは、昨日は相手と競るところや、味方とのコンビネーションで、相手を抑えることが結構できてたんですけど、今日はやっぱり相手もレベルが上がって、いつも通りのディフェンスが出来なかったので、厳しい試合でした。
全体としては、攻撃にでる時間が少なくて、チャンスも少しはあったんですけど、なかなか活かすことができなかったんで、そこが、今日勝てなかった原因だと思います。
ブラジル人は勝ちに対する意欲が高い気がします。でも、明日は僕らも、今まで日本でやってきたチームのサッカーをしっかりやって、勝ちで終わりたい。そこはチーム内でもしっかり話し合って、課題を克服して、やっていきたいと思います。

【土田哲也監督】
Photo_15

ヴァスコは毎年非常に強いし、ブラジルでもトップクラス。でも、やっぱりここでやる以上は、勝ちに行くつもりでやったので、負けてしまったのは、非常に悔しいですね。ただ、選手達が持ってる力をすべて出して戦ったという意味では、私自身は納得した内容ではあります。前半、立ち上がりから相手にプレッシャーをかけてボールを奪い、チャンスの数としては、おそらく前半はウチの方が多かったと思います。ただ、最終的にクロスボールの精度が悪かったり、シュートを打ち切れなかったり。一方、ちょっとしたチャンスから得点に繋げてしまうブラジルの精度の高さっていうのは、大きな差だと感じました。でも、選手達もボールを奪って、パスを繋ぎながら攻める、ということが、できるのは分かったと思うんで、後は繋いだ最後の局面のところで、どう決めるかという、そこに大きな課題が見えましたね。
2敗してしまったので、決勝トーナメント進出はないけど、どういう状況であれ、明日は勝利を目指して一瞬一瞬、自分達でやるべきこと、日本でやってきたことを発揮するということで、しっかり頑張って、結果に繋げたいと思います。

《その他の試合結果》
ブラジリア選手選抜 0-4 センダス
アルチスウ 2-0 ドゥケ・デ・カシアス
ボタフォゴ 0-1 インテルナシオナウ
オラリーア 2-3 クルゼイロ
サン・クリストーヴァン 1-1 ノーヴァ・イグアスー
アトレチコ・ミネイロ 1-2 フルミネンセ
コリンチャンス 2-3 バイーア
ボアヴィスタ 1-1 フリブルゲンセ
ヴィトーリア 0-1 フラメンゴ

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >