日伯友好カップ

日本の3チーム死闘!(鹿島アントラーズ)

[2009.08.29]

鹿島アントラーズとブラジリア州選抜との対戦は、激しい死闘となりました。
前半、アントラーズ柳選手がこぼれ球に反応し、先制ゴール!しかし、互いに攻め合った前半終盤に、立て続けに2ゴールを奪われ、試合をひっくり返されてしまいます。
しかし、そこで落ち込む今日のアントラーズではありません。熊田選手の見事なミドルシュートで、引き分けに持ち込んで、前半を終了。

Photo_7 Photo_8 Photo_9

後半も押しつ押されつの展開。しかし、後半も終盤の31分、徳野選手のFKから、再び柳選手がヘディングでゴール!ついに逆転、そして、そのまま試合終了。3対2、ついにアントラーズが、勝利をもぎとったのです!

《鹿島アントラーズの試合結果》
鹿島アントラーズ 3-2 ブラジリア州選抜
GK 青木
DF 澤野 桑本 黒沢 徳野
MF 橋本 柳 熊田 赤井
FW 野間 栗崎(小泉)

<鹿島アントラーズの得点者 柳・熊田>

★今日の「収穫」

【熊田翔吾選手】

Photo_10

ゴールの場面は、センターバックの麟太郎がボールを持ってて、相手の中盤とディフェンスラインの間にスペースができてたんで、そこに自分が入って、前を向いて、迷わず思いっきりシュートを打ちました。
3試合を通して、自分なりにはボールコントロールがうまくできたと思っています。でも、ブラジル人はそのコントロールがすごくうまいから、そこはマネしてもっと磨きたいです。
ブラジルでプラスになったことを、日本に持って帰って、すぐに練習して、自分のものにしたいと思います。

【鹿島アントラーズ 澤野竜綺選手】

Photo_11

チームとしては、ゴールの前で粘り強く守れてたんですけど、前半の途中で2点してしまった時は、ちょっと崩されてしまいました。自分のプレーでは、センターバックとコンビネーションができてて、ちゃんとカバーできたし、そこらへんでは、ブラジルでも通用するかなと思いました。
ブラジル人はゴールに向かう意識、勝ちたいという気持ちが、日本のチームより強い。だから、僕もブラジルで学んだことを活かして、日本の全国大会で優勝できるように頑張ります。

【土田哲也監督】

Photo_12

やはり勝利の喜びというのは、非常にいいものですね。試合は前半、相手の身長の高さでゴールキックを全部跳ね返されて、それを拾われて、かなり攻め込まれたんですけども、みんなそこをしっかりと体を張って守りました。そこがまず、勝因だと思います。その中で、マイボールにした時にチャンスを作り、シュートを打った時も、そのこぼれ球を2人目3人目と詰めて行こうと。それを実行したからこそ、1点目が奪えました。そのあと、自分達のミスから2失点してしまったけど、前半のうちに、熊田の得意のミドルシュートから追いついたっていうのは、みんなの気持ちが結果に出たところでしょう。
後半も、攻守においてやるべきことを、しっかり、1つ1つやった中で、FKから柳のヘディングでゴールも生まれ、逆転できました。
選手達には、全員守備、全員攻撃で助けあい、やるべきことをしっかりやったからこそ得た勝利であることを話し、本当に良く頑張ったと褒めてあげたいですね。

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >