日伯友好カップ

予選2次リーグ 日本チーム黒星発進(鹿島ノルテ)

[2009.08.27]

もう1つの会場、CT(トレーニングセンター)では、鹿島ノルテと鹿島アントラーズの試合が行われました。朝9時30分からは、鹿島ノルテが、こちらもリオの4大クラブの1つ、ボタフォゴを相手にキックオフ!

Photo_8 Photo_9 Photo_10

前半は2度の惜しいシーンを含め、非常に良い戦いをし、健闘したノルテ。しかし、やはり長旅や異なる環境での疲労が効いてくる後半、消耗から崩れると、勢いに乗るボタフォゴに、流れを奪われてしまいました。
最終的に1対6の敗戦。悔しいスタートとなりました。

《鹿島ノルテの試合結果》
鹿島ノルテ 1-6 ボタフォゴ
GK 岡田
DF 引地 石川 町田 松本
MF 飛田〔啓〕 飛田〔泰〕 鈴木 宮崎
FW 斎藤(黒沢) 人見

★今日の「収穫」
【宮崎優希選手】<鹿島ノルテの得点者>

Photo_12

昨日の練習で、クロスの練習があったんですけど、雨でピッチが悪いので、低いボールだと滑るというのを言われていました。だから、ゴールシーンについては、どこらへんにこぼれてくるかというのが予測できたから、いいボールが来た時に、足を出して当てるだけでした。
ブラジル人については、最初はやっぱり、自分達と体格が違うので、戸惑いました。でも、「やっぱり、ここでやってかなくちゃいけないんだ」と気を取り直して頑張れました。でも、終わってからの彼らはとてもフレンドリーで、嬉しかったです。
この厳しい中で、体格の違いなども気にしないで戦うことを、チーム全体で意識しながらやっていけば、多くのことを学んで、日本でも続けていけると思います。

【鈴木歩選手】

Photo_13

環境をはじめ、すべてが違う中で、すごく戸惑った部分がありました。ブラジル人は体つきが全然違って、“ガタイ”がすごいのも、最初はびっくりしました。でも、試合の中では相手の選手を抜ける時もあって、通用するんだと分かりました。ただ、全体的には、まだ相手の方が上だったなと思っています。
日本とは環境が全然違う中で、ブラジルでは栄養の大切さ、食事の仕方などについても学んでいます。そういうことを日本で意識して続けていって、強くなりたいです。

【小笠原賢二監督】

Photo_14

今日は立ち上がり、緊張して固かった部分もあるんですけど、前半はボタフォゴ相手に2回のビッグチャンスも作りました。あれを決めてれば、ほんとにゲームがどうなるか分からなかったんですけどね。後半ちょっと、流れが向こうに行ってしまって、立て続けに失点して、敗戦となってしまいました。サッカーに「たら・れば」はないとは言え、非常に残念です。ともかく今は、宿舎に帰ってリフレッシュして、気持ち切り替えさせて、またイチから明日、戦わせます。
選手達にはこの遠征を通して、異文化交流も体験して欲しいし、サッカーに関しては、世界との差を、しっかり感じてほしいですね。

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >