日伯友好カップ

日本の3チーム、敗戦の中にも収穫(Jリーグ選抜)

[2009.08.28]

予選リーグ2試合目を迎えた今日、リオは久々に青空の見える、気持ちの良い気候。そんな中、各チームが決勝トーナメント進出を賭けた、熱い戦いを繰り広げました。

CFZ(ジーコサッカーセンター)では、午前11時から、Jリーグ選抜の試合。相手はこのセンターを本拠地とする、CFZ・ド・リオです。

Photo

この日のJリーグ選抜、CFZ・ド・リオに立ち上がりのキックオフ1分後に1点目、そして前半11分に2点目を奪われ、苦しいスタートとなります。押され気味の展開に、ベンチからは「前を向いてプレーしよう!」「あそこは自分でシュートを打っていくとこだ!」と、ともかく気持ちを前に向かせるための声が飛び続けます。

Photo_2

その甲斐あって、徐々に守備に安定感が増してくるにつれて、攻撃も盛んになり、惜しいシュートの場面が出てきました。そして、前半31分、伊東選手のゴールが生まれ、1対2で前半を終えました。

Photo_3

遠征の疲労を抱えるJリーグ選抜と、昨日の試合が夕方5時で、疲れの抜けきれないCFZ・ド・リオ。両チームとも、選手交代枠を有効に使いながらの後半。しかし、ここでも立ち上がりの後半2分、CFZに3点目を決められてしまいます。

その後は、佐藤選手がしきりに声をかけて守備を統率すれば、攻撃面でも、出岡選手、西岡田選手の惜しい場面が続くなど、あと一歩の死闘。

結局、1対3で試合を終えることになりました。

《Jリーグ選抜の試合結果》
Jリーグ選抜 1-3 フラメンゴ
GK 牲川
DF 菊池 岩波 佐藤 今関(小口)
MF 井上(西岡田) 安在 西袋 野津田(内藤)
FW 出岡 伊東(青山)

<Jリーグ選抜の得点者 伊東海征>

★今日の「収穫」
【Jリーグ選抜 佐藤久元選手】

Photo_16

ここへ来て、足りないことがいろいろ見つかってるし、今日は3失点してしまったんで、自分では満足はできません。ブラジル人は体がすごくて、スピードも速いし、強いシュートが精度良く飛んできます。だから、最後の詰めのところで、日本だったら“これぐらいで大丈夫かな”っていうのが、簡単に入れられちゃうんで、そこはやっぱりうまいかなと思います。でも、そういう相手でも、守備でしっかり対応したり、プレッシャーが早くても、しっかりボール動かして攻撃できるように、日本に帰っても練習したいです。

【Jリーグ選抜 伊東海征選手】

Photo_17

ゴールシーンは、ウチの安在がいいところまでドリブルで持ってってくれたところ、相手チームがボールに見入ってたから、少し下がってフリーで受けて、決められました。
ブラジル人は速くて強くて、テクニックもあるけど、日本人も負けないくらいあります。やっぱり気持ちの差が大きかったんだと思います。そのサッカーに対する気持ちを学んで帰りたいです。

【鴨川幸司監督】

Photo_18

昨日よりはこっちも攻めることができて、攻撃の形もたくさん出たんですが、やっぱり、ブラジルの選手のゴール前の厳しさもあり、攻めているけど、結局点が取れない。そして、逆にカウンターで失点するという、サッカーの厳しさを実感した内容でした。
選手は予選突破を目標にしてたので、今日負けたのはすごく悔しいと思うんですけど、これが終わりではありません。明日は、昨日今日と出た課題を、しっかりと試合に繋げて、今日よりもレベルアップして、日本に帰ってからに繋がるように、もう1回、高いモチベーションで臨みたいと思います。

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >