日伯友好カップ

日本の3チーム死闘!(Jリーグ選抜)

[2009.08.29]

CFZ(ジーコサッカーセンター)では、西日の厳しい午後4時から、Jリーグ選抜がヴィトーリアと対戦。育成年代の指導ではブラジル屈指と評判のヴィトーリアを相手に、熱戦を繰り広げました。
前半5分にヴィトーリアに先制点を奪われ、押され気味の展開となった序盤。しかし、落ち着きを取り戻したJリーグ選抜も、前半15分に青山選手のゴール!1対1と振り出しに戻します。その後も対等に攻め合う中、その5分後、ヴィトーリアが再びゴール。攻めては惜しいシュートが飛び出し、守ってはGK河野選手の好セーブを披露しますが、1対2で前半終了。

Photo_13 Photo_14 Photo_15

メンバーを2人入れ替えてスタートした後半。Jリーグ選抜はゴール前での波状攻撃など、積極的に試合を展開します。そして、後半11分、井上選手が引き分けに持ち込むゴール!
しかし、その後はミスから2点を奪われ、熱戦は2対4での幕切れ。戦えただけに、悔しい、悔しい結果となってしまいました。

《Jリーグ選抜の試合結果》
Jリーグ選抜 2-4 ヴィトーリア
GK 河野 
DF 菊池 岩波 今関 小口
MF 内藤 西袋 安在 野津田(井上)
FW 出岡 青山(伊東)

<Jリーグ選抜の得点者 青山貴浩 井上丈>

★今日の「収穫」

【井上丈選手】

Photo_16

ゴールシーンは、左サイドからクロスが来たから、それをスルーしてもらって走り込んだら、決まりました。
この大会で感じたのは、自分はまだ縦の意識が薄いところと、ディフェンスに切り替える時の意識が薄いんで、そこを直していきたいということ。あとはもっともっと、ゴールに積極的に行きたい、ということですね。逆に通用したのは、速さ、かな。それぐらいです。
ブラジル人はやっぱり速いし、フィジカルも強い。とにかくすべてに強くて、日本人はまだまだ負けてることが多い。でも、今回の経験を踏まえて、僕の目標がはっきりしました。それは、「勝つこと」です。いっぱい点を取って、守備もしっかりして、無失点で勝っていきたいです。

【河野隼人選手】

Photo_17

まだまだ自分でも力が出せてないところがあったんで、まだ納得はしていないんですけど、いろいろなことをもっと伸ばして、自分でも結果を出せるようになりたいです。
今回、ビルドアップにちゃんと参加できて、前にもよく出れたところが、自分なりに出来た部分です。逆に出来なかったところは、まだ判断があまり良くできてないので、そこが大事になってくるんじゃないかと。世界で戦うには、まだ厳しいと思います。
今後はもっと個人のレベルアップをして、もっともっと高いレベルで、サッカーをしていきたいです。

【鴨川幸司監督】

Photo_18

1,2試合目の課題として、ゴールにより積極的に向かうという意識が、選手達に浸透した試合でした。特に後半は、1点ビハインドというのもあったんで、本当に、ひたむきにゴールを目指す姿勢が見えました。ゴール前での精度や、質とタイミングなどの問題で、点にはならなかったんですけど、ゴール前のシーンを増やせたっていうのは、この1、2試合よりは、良くなっている点かなと。
日本ではゆっくりやっても出来ることが、ブラジルではプレッシャーが早いから、それではできない。その意識の弱さや、判断が遅さがあったのが、ブラジルの速さに慣れていくに従って、もともと持ってるものがよりレベルアップし、スピードが上がってきました。カウンターへの対応など課題も残りましたが、選手達は力を出し切って頑張りました。ただ、頑張って、2点差で負けるっていう、これがやっぱり、ブラジルのチームとの差かなと感じています。
あとは、日頃のトレーニングに励んで身につけるしかない力です。今回の悔しい思いを忘れずに、日本に帰って頑張ってほしいですね。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>



in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >