世界紀行

エルサレム、神聖な都市

[2009.02.15]

歴史的な都市、そしてモダンな都市、あるいは自然の美しさが目立つ地域について話してきた30以上のこの世界紀行のコラムに今回は異なる場所を訪問する機会がありました。CSKAチームに就任し、最初のイスラエル合宿の際に、パウロ・パッシャオンの招待のおかげでエルサレム市を訪れるチャンスがありました。アラビア語で「神聖な都市」は、私のようなカトリック教徒だけではなく、ユダヤ人やイスラム教徒にとって特別であります。紀元前10世紀には、既に地域の精神的な中心でした。そして、紀元前4000年の歴史を持っている、世界でも最古な都市のうちの1つです。

パッシャオンはこれまでにエルサレムを2回訪れており、イスラエルより認められてない首都での束の間の散歩では私のガイドでした。興味を起こさせることは、神聖な場所であるため、人々にはエルサレムが小さな地域(つまり旧市街)で観光の中心地という概念がありません。

主要観光スポットの中には、聖教会、神殿の丘、ダビデの塔博物館、そして、すべてで最も有名であるもの: ユダヤ教徒が祈って、願い事を書いて隙間に入れ込んでおく、嘆きの壁。

地理的には、エルサレムはオリーブ山に位置し、旧市街の周りに発展しました。写真でご覧の通り、街の地形を観察するのは非常に興味深いものです。街路は上下で、美しい図面を作って行きます。 遊園地の遊具のようです。

Photo

私は町をかなり歩き、おそらく唯一の地域の宗教ではない観光ポイントを通りました。それはマハネの市場。しかし、商取引は地域の経済で最強ではありません。我々が聖なる都市の住民から聞くのは、イスラエルのテクノロジー産業の大きな成長があるということです。

不幸なことに、イスラエルは国としては、常に戦争の瀬戸際に置かれています。エルサレム自身の領域はユダヤ人とイスラム教徒の間の論争地域です。そして、両方とも神聖な地域の所有者だと言明します。戦争やテロの脅威は、この地域への非常に価値のある訪問を阻むことがあるので、とても残念です。

あなたがとちらの宗教的なオプションにしても、世界を旅している人にはエルサレムは優れたお勧めです。

in [世界紀行] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >