日伯友好カップ

2008年8月20日 日本の3チーム、公式戦前日の準備

[2008.08.21]

2次予選リーグ初戦を明日に控え、今日もJリーグ選抜、鹿島アントラーズ、鹿島ノルテの3チームが、それぞれの準備を精力的に進めました。

★今日のJリーグ選抜

今大会のために結成されたJリーグ選抜。集まってすぐに日本を発ち、昨日1回の練習をこなしただけで、今日は早速、アルチスウとの親善試合に臨みました。

アルチスウからのアイデアで、試合前には両チームが全員一緒に記念撮影。

Photo

今日の会場は、普段はCFZのプロチームが練習に使っている、CT(トレーニングセンター)と呼ばれる施設。緑豊かな広々とした環境です。

Photo_3

試合が始まる頃には、ジーコも駆けつけ、いつも通り、最後までじっくりと見守ってくれました。

Photo_2

今日はメンバー17人が全員出場できるように、30分3セットの特別ルールで行なわれました。Jリーグ選抜はブラジルで初めての試合にも関わらず、勝負は全く互角。第2セットまでは、0対0。

Photo_12

ハーフタイムには、名取監督がホワイトボードを使って、丁寧に修正点を説明。でも、最後は「大丈夫、すぐに分かってくる。自分達の普段のプレーができるようになるから、失敗を恐れずに、どんどん行け!」と背中を押してくれました。

Photo_4

そして迎えた第3セット。Jリーグ選抜がついに、小野瀬康介選手のゴールで先制!
引き続き、佐藤寛高選手がゴール!2対0と、勝利で終えました。

Photo_13

午後も練習をこなし、夜は昨年できたばかりの新スタジアム「エスタジオ・ジョアン・アベランジェ」で、プロの試合、ボタフォゴ対クルゼイロを観戦。モチベーションも上がり、明日は公式戦初日、強豪ヴァスコ戦に挑みます!

【名取篤監督から選手達へ】

Photo_5

今日の試合は、ちょっと出来過ぎでしたね(笑)
子供達にはぜひこの大会で、自分の持ってるものが、世界のサッカーに通用するかっていうところで、チャレンジしてもらいたい。そのため、失敗してもいいから、それぞれの良い部分をいかに発揮できるか、モチベーション作り、コンディション作りとチーム作りを、あと1日で(笑)、やります。
ブラジルはサッカーの原点が見られる国。 “身近ではあっても、やっぱり世界のサッカーというのはこんなに違うんだ”というところを、ぜひ感じて欲しいと思います。また、昨日ジーコも言ってくれたんですけど、やっぱり大会に出場するからには、勝ち負けが大事。プロ目指す以上、戦う姿勢の大事さを、肌で感じて欲しいと思いますね。

【白川純也選手の決意】

Photo_6

長旅の後だったけど、思った以上に足が動いてくれたんで、いいプレーもできたし、結構感触は良かったです。今まで、日本でも決勝戦などを体験してきたんで、大舞台には、結構強い方ですね。今日も、選手への指示など、落ち着いてうまくやれました。
この遠征では、日本で出来なかったプレーにチャレンジしたいし、ブラジルの選手のいいプレーを、盗んで自分のものにしたいです。目標は優勝です!

【平野篤志選手の決意】

Photo_7

きょうの試合では、後半から体も動いたし、相手とぶつかってもしっかり勝ってるし、よく戦えたと思います。ブラジル人は、やっぱり体が強い。でも、視野を広く持って、指示を出しながら動く部分では、完全に相手に勝ってたと思います。
この遠征では、声出して、仲間と勝ちを目指し、日本のレベルは強いと、相手に感じさせたい。そして、日本に帰って、チームメイトに刺激を与えられるようになりたいです。

【遠藤広展選手の決意】

Photo_8

ブラジルの攻撃の選手のプレスが早くて、やりづらい部分もあったし、環境が違って、結構キツかったので、今日はあんまり良くなかったかなと思います。でも、仲間としっかりコミュニケーションをとって、ホテルでも話して、大会ではいいDFライン作って、失点を少なくしたいです。
遠征中にやりたいのは、やっぱり球際が速いので、簡単に取られないように、周りを見て、フリーな選手を見つけて、早くボールを渡すことです。
目標としては、まずは予選突破したいです。

【小野瀬康介選手の決意】

Photo_9

ブラジルに来て初めての親善試合を、楽しく出来て良かったです。ゴールを決めた時は、たまたま抜けて、自分の足元に来たんで、思いっきり左に寄せて蹴ったら、入りました。
チームの中で、友達もいっぱいできました。これからは、せっかくブラジルに来たんで、うまい選手のワザとかを盗んで、将来に活かしたいです。
目標は、まずはグループリーグ突破だけど、ともかく1戦1戦頑張りたいです。もちろん、得点王も目指しています。

★今日の鹿島ノルテ

Photo_10

鹿島ノルテは、環境に慣れるための亀谷監督の方針により、昨日に引き続き、親善試合に臨みました。今日の相手はマンゲイラ。やはり勝負は互角、2対2の引き分けに持ち込みました。
この連戦で、ブラジルサッカーの感触をつかみかけたであろう選手達。明日の初戦の相手は、CFZです。

★今日の鹿島アントラーズ

Photo_11

鹿島アントラーズの午前中は、練習。ジーコと同じ時代にフラメンゴでプレーした、往年のスター選手、ジュリオ・セーザルが、土田監督と一緒に指導してくれました。
そして午後は、プロのCFZ対ヴィラ・ヒオの試合を観戦。独自のペースで、順調に心身のコンディションを調整しました。
明日の初戦の相手は、ジュヴェントゥージです。

<文=藤原清美・写真=Jorge Ventura / George Henrique>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >