世界紀行

クラシック音楽の都 ・ ウィーン

[2008.06.04]

フェネルでの合宿中にオーストリアで興味深い経験をした。滞在地はバード・タッツマンスドルフという、人口は約1,600人で、同国の文化・政治の一大中心地であるウイーン首都から120キロ離れている町。その後すぐウイーンで宿泊し、あなたへ見せるために都市の観光スポットを訪ねた。

ウイーンはほとんどのヨーロッパ中心街のいくつかの共通特徴をもつ都市。

歴史観光に非常に強調があり、興味深い博物館、素晴しい美術展覧会、劇場やオペラ等 - ほぼすべての場所に音楽の印がある。洗練された文化のおかげで歴史的に音楽の都(得にクラシック音楽)として有名である。

最初はその古典的な素質の理由を不思議に思ったけど、地元の人々から歴史を聞いたり、街を観察しながら理解できた。

17世紀に、アーティスト達がウイーン宮廷に受け入れられて拍手喝采されるのは非常に難しい事だった。洗練された趣味は良質の同意語となり、クラシック音楽家がヨーロッパで就かせるにはウィーン人の賛同が必要だった。当時その賛同を頂いたアーティスト達はみんなアイドルになった。最も重要なかかわりを持つ有名なクラシック音楽の音楽家はみんなウイーンで活動した。そしてモーツァルト同様に何人かそこで眠り続けている。モーツァルトはウィーンで生まれ育ち、現在有名な音楽学校へ名を貸している。

しかし、私たちにとてはウイーン主力の最大のシンボルはルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンかもしれない。クラシック音楽を聴かない人にでもよく知られているドイツの作曲家は教育を受けるためにウイーンに移住して、結局そこで輝かしいキャリアを生かした。ウイーンで彼が影響を与えたものは数少なくはない。アン・デア・ウィーン劇場(現在博物館)は同作曲家の一時的住居であった。

私と観光スポットを訪ねた仲間の内、エウリコ・カンポスとモラシー・サンタナがいて、みんなが建築に魅惑された。シュテファン大聖堂、ウィーン国立歌劇場や大方の博物館は目覚しい。国会議員や統治者がいる場所もとても素晴らしい。

1_2

奇妙な詳細は、看板には都市で活動した音楽家を論及し、そして街の芸人達が生きている像のように、クラシック音楽の偉大なアイドルの真似をしている事。

ごらんの写真の通り、ウィーンの豪華さを実証する為に王権の宝石を保護する博物館を訪れた。その美しさによると、王権は非常に豪華な物に好みがあったらしい。

多数のハイレベル大学にも現れるこれらの文化的側面に加えて、ウイーンは美しい観光地であり、他に美味しい料理や交通機関の効率も魅力的である。

スポーツについては、サッカーチームはあるが、ホッケーが盛んだ。私達はウイーンで今シーズンの良いスタートができた。イスタンブールへ勝利を持ち帰った...

町で歩いている時クラシック作曲家の音楽が口笛から流れてくるような、異なる提案。ウィーンはこういう場所であって、世界を旅してる人に是非一度訪ねて見る価値がある。

in [世界紀行] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >