日伯友好カップ

2007年8月28日 決勝

[2007.08.29]

今日のリオデジャネイロは小雨の降り続く天気でした。ジーコサッカーセンター(CFZ)で行われた決勝戦は、初出場のインテルナシオナルが南部ポルトアレグレの名門の貫禄を見せて3-1で優勝を決めました。

070828

試合開始からゲームを支配したインテルナシオナルが前半に2点を先行して一方的な展開になるかと思われましたが、アメリカが懸命の反撃を見せて前半のうちに1点を返し、一進一退の攻防が後半半ばまで続きました。しかし、終盤にインテルナシオナルがダメ押しの3点目を追加して、試合を決めました。優勝したインテルナシオナルは大変喜んでいましたが、敗れたアメリカもビッグクラブを退けての準優勝に誇りを示して試合後にサポーターへ感謝の挨拶をしていました。

070828_6

なお、この決勝戦で岡部拓人審判員は副審を務めました。

070828_2

日本から参加の3チームはこの決勝戦をスタンドで観戦しました。

070828_5

また、試合前とハーフタイム中に日本から参加の3チームの大会終了式が行われ、アントニオ・シモエスCFZ社長から大会参加への感謝と今後の成長への激励の言葉が述べられ、終了証が手渡されました。

070828_3

070828_4

3チームは今夜リオデジャネイロを出発し、8月30日午後に成田空港へ到着の予定です。

以上で第10回日伯友好カップの速報を終わります。

【決勝の試合結果】

インテルナシオナル 3-1 アメリカ

<文・写真=原修一朗/SRP>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >