日伯友好カップ

2007年8月26日 準々決勝

[2007.08.27]

今日のリオデジャネイロは快晴で気温が上がり、珍しく夜になっても暑さが残る日となりました。本日の準々決勝の結果、インテルナシオナル、フルミネンセ、ヴァスコ・ダ・ガマ、アメリカが準決勝へ進出しました。明日は、準決勝2試合が行われます。

また、日本から参加の3チームは、リオ市内の有名なビーチ「コパカバーナ」やイパネマの日曜市、キリスト立像で有名な「コルコバードの丘」などを訪ね、夜はマラカナン競技場でブラジル全国選手権のフラメンゴ対ゴイアスの試合を観戦しました。この試合は降格の危機にある地元の人気クラブでジーコもプレーしたフラメンゴの応援に約5万2千人の観客が詰めかけ、大勢のサポーターの後押しもあってフラメンゴが3-1で快勝しました。3点を先行する余裕の試合展開に気をよくしたフラメンゴサポーターは、日本の3チームが競技場を去る際に「ジーコ」コールを連呼して送り出してくれました。

070826

070826jy

070826j

【準々決勝の試合結果】
フラメンゴ 1-4 フルミネンセ
インテルナシオナル 1-0 クルゼイロ
フィゲレンセ 1-1(PK5-6) アメリカ
ヴァスコ・ダ・ガマ 2-1 ノーバ・イグアス

【準決勝の組み合わせ】
インテルナシオナル 対 フルミネンセ
ヴァスコ・ダ・ガマ 対 アメリカ

<文・写真=原修一朗/SRP>

in [日伯友好カップ] |

< 前の記事へ | 最新の記事へ | 次の記事へ >